毎日歩くことでやる気が戻ってきたかもしれない。

うつ症状で動けない日が続いて仕事も辞めました。医者に処方してもらう薬を飲み続けても、悪化は止まったものの一向に良くなる気配がありません。何か趣味を持つといいとアドバイスされましたが、やる気が出ないのがうつなので、何も手に付きませんでした。動けない日が多いので筋力も弱り、四十肩にもなりました。それでも動ける日に買い出しに行かねばならず、外出することが本当に辛く感じられました。カウンセリングでその事を話すと、目的もなく歩いてみたらと言われました。もちろん歩きたくなんてなかったのですが、言われたとおりにました。動ける日はとにかく歩けるところまで歩く。それが目標でした。苦痛の連続でしたが、いつの間にか歩かないと落ち着かないようになってきました。とはいっても歩くこと自体が楽しい訳ではなく、日課がこなせないとやり残したような気分になるんですね。でもこれがきっかけで外に出る事にはあまり抵抗が無くなり、歩ける距離も伸びていきました。歩いてから帰ると達成感みたいなものも感じられるようになりました。それからはもうただただ歩く距離を伸ばしたいという欲求が頭を支配するようになっていきました。医者にそれを告げると他の事は考えなくていいから続けなさいと励まされ、なんとなく嬉しい気分になれました。それからは歩くこと自体の苦痛はほとんどなくなり、何より動けなくなる日がほとんど無くなったのです。多分、距離の事だけ考えていたのが良かったのだと思います。健康的にもなれましたし、今では雨の日でも長靴で歩いています。目的というものは後からついてきてもいいのなんだと感じています。
私のような病気だけでなく、ダイエットにも効果はあると思います。歩く距離が長くなると時間がかかりますから、間食等できなくなりますから。