絵本によっては本当に泣きそうになってしまいます。

私は二児の母です。
下の子はまだ1歳です。どうしても可愛くて、危なかっしくて下の子ばかりを見ています。
寝ている姿も何かをする姿もやはり幼児で愛らしくて仕方ありません。
上の子はもうすぐ小学生です。幼児と言うよりは少年になってきました。
抱っこをしても骨骨しく感じるようになりました。
まるまるした次男がいるので余計にその様に思ってしまうかもしれません。
出来るだけ上の子にも甘えさせて上げようとは思っていますが、普段は自然と下の子中心になってしまっています。
最近読んだ絵本であっという間に泣きそうになりました。
それはお兄ちゃんになる上の子が下の子の為に色色するのですが、やはり母親に甘えたくなります。
でも、母親は「お兄ちゃんでしょ!」と言う言葉で片付けてしまいます。
お兄ちゃんになんてなりたくない・・・と嘆く上の子にカバのぬいぐるみが話し掛けると言う物語りです。
ふと我が子の事を考えて、もしかしてこんな気持ちなんではないかと思って涙が浮かんできました。
それからは出来るだけ、抱っこと言われればするようにしています。なるべく淋しい思いをさせない様にしています。
絵本、ためになります。