オオグソクムシは好きですか?私はちょっと苦手です

深海の掃除屋と呼ばれるオオグソクムシ。

最近、人気があるらしく水族館での展示もされています。

深海に住むスナホリムシ科の海生甲殻類だそうです。

フナムシに近いらしいですが、巨大なダンゴムシに見える。

オオグソクムシってキモカワイイと話題です。

私の周辺でも、カワイイと言う人が続出しています。

深海魚専門の漁師さんが、人気が出るとは思わなかった?とテレビで話してました。

これ、食べるらしいですね。

漁師さんは、専用のカゴにオオグソクムシを入れて煙突に突っ込む。

煙突焼きにしたオオグソクムシは真っ黒です。

お腹に切れ目を入れて中身を食べる。

カニやエビより濃い味、甘味も強くて美味。

確か静岡県では、オオグソクムシを粉末にして練り込み、焼いた煎餅がある。

塩煎餅風味、でも全国販売ではなく地域限定かも知れないですね。

気になるかたはチェックしてみましょう。

友人が夏休みにアクアワールド大洗水族館に行きましたが、お目当てがありました。

平日限定で、ダイオウグソクムシに触っちゃおう?なるイベントがありました。

先着50名で、お昼に行われました。

整理券をゲットした友人、触っちゃおう?で触ったぞ?と話した。

グソクムシには、オオグソクムシとダイオウグソクムシがいます。

ダイオウグソクムシはデカイ、なので見るとヒェッ?と私などは引いてしまう。

目がさぁ、黒くてサングラスみたい。

なんかメカっぽくてカッコいいぞ?と友人。

プラモデル好きの友人、そういう風に感じたらしいです。

カワイイよ?シャコがデカくなってメタボになったみたいじゃん?と友人。

シャコか、確かに近いかも知れないがメタボはないだろう。

女の子もカワイイ?キモチワルイ?って触っていたし?

キモカワイイということで、触っちゃおう?でご対面。

度胸あるな、私にはまず無理なイベントです。