描いた漫画を投稿するため郵便局へ行った日のこと

漫画を投稿し夢を追いかけている途中ですが、連休が続いた翌日というのは荷物集荷も自然と多くなってしまうようで、いつもは言われないのですがその日は「〆切はいつでしょうか?」と局員の方から尋ねられました。ギリギリまで描いており翌日〆切だと伝えたら、速達便にすると確実にお届けできると提案してくれました。しかし原稿1回送るのに700円程掛かるので普段から結構痛手だった私にとっては追加で280円プラスされるのは中々厳しく暫く迷いました。〆切は間に合わなければ繰り越し発表になるだけなのであまり支障はないですが、結果を知れるのが遅くなるのは事実、でも荷物が多くても明日中に届く可能性はあるから速達にしなくても良いのではと節約したい願望という2つの考えに挟まれました。結局節約を取り普通郵便でお願いし帰宅しました。でもやっぱり明日には届いてほしいかもと後悔が浮かびながら投稿雑誌の〆切欄を一応チェックした所、当日消印有効と記載されており間に合う事が分かり、なんだーとホッとしました。確認を疎かにしてた結果ですね。

銭湯で見かけるつるんとしたきれいな背中に憧れてしまう

最近ちょっと銭湯に行くことにはまっていて、週に一度くらいの頻度でお湯に浸かりに行っています。
銭湯にはいろいろな人がいるのですが、中にはとてもお肌がきれいな人がいたりします。
特に背中がきれいな人を見ると、私はすごく羨ましく思ってしまいます。
私は、昔から無意識に背中を掻いてしまうことがあるようで、背中にはけっこう古いシミが多かったりします。
大人になってきれいにしたいなと思い、いろいろ試してみたりもしました。
その結果、新しくシミが出来るようなことはなくなりましたが、それでもやっぱりなかなかシミはきれいに消えません。
一度皮膚科を受診したこともあるのですが、やはり美白効果の高い薬を使っても何年もかかると言われてしまいました。
なので、お風呂で見るつるんときれいな背中には、本当に憧れてしまうんですよね。
もし小さな子ども時代の私にアドバイスを送ることができれば、背中は掻いてはいけないと教えてあげたいものです。キレイモ 値段